アコムマスターカードの学生審査ってみんな落ちる?

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードのようなクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

買い物をした際にお金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをしてその際の手順としてはWEB申し込みをして結果が通知されます。

審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

クレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの他の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中にはクレジットカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アコムマスターカードのようなクレジットカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

職場の人にあまり知られたくないことといえばどういった場合かというとローンを組むことやアコムマスターカードのようなクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はアコムマスターカードのようなクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

参照:http://www.creditcard-shinsa-sokujitsu.com/attribute/student.html

その場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

ネットで買い物をするときに便利なアコムマスターカードのようなクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。