おまとめローン審査通りやすいの?プロミスでできる?

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済だけしかできないカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

参考:おまとめローンどこがいい?低金利でおすすめ【審査通りやすい銀行は?】

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンを利用する際に一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。