Home » おいしい食べ方 » かにの解凍のコツ
かに通販のおいしい食べ方
かに通販のおいしい食べ方

かにの解凍のコツ

おいしい食べ方 | 09月13日更新

かにといえば冬になると必ず食べたくなる魚介類のひとつですね。
日本人の大好きな魚介類には、マグロ、エビ、サーモンなどなどたくさんありますが、そのなかでもかには負けず劣らずその味を好む方は多いのではないでしょうか。

そんなかにですが、もちろんかには自然物ですから、かにであれば何でもおいしいというわけにはいきません。
旬や鮮度というものはありますし、通販サイトも選びかたを間違えると値段のわりには身入りもすくなく、パサパサでかに本来のみずみずしさが感じられない、ということは十分にありえますね。
また、選びかたが当たっていて質のいいかにが届いたとしても、解凍の仕方を間違えてしまうとこれまた旨味が逃げてしまい、パサパサした食感となってしまいカニのぷりぷりしたおいしさが感じられなくなってしまう可能性があります。
そこで今回はカニをどうやって解凍すればおいしさを維持できるのかコツを紹介していきましょう。

まずいまの通販サイトで届けられるかには、チルドでなく冷凍かにであるのが主流となっておりますが、いまの冷凍技術はどんどん進歩しているため、ただしく解凍できればその新鮮な味をほとんどそのままおいしくいただけるということを知ってもらいたいと思います。
そのうえで、どうやって解凍するかというと、まずは乾燥を避けるために新聞紙かもしくはキッチンペーパーで包みます。
それから、時間をかけてゆっくりと解凍していってください。
そのときは、室温ではなく、冷蔵庫のなかでしてください。

時間の目安としては、12差時間から、24時間ほど。
具体的には、タラバガニ姿、毛蟹は、約24時間、ズワイガニ姿は、約18時間、カットしてないタラバガニ足は、約24時間、カットされたタラバガニ足は、約18時間、ズワイガニ足は、約12時間、となります。
かに鍋をするときは、これほどの長い時間かけてする必要はありませんが、それでもこの目安時間の半分はかけて解凍すると、ちょうどよく解けてかにの味を存分に楽しめるでしょう。

top