Home » おいしい食べ方 » かにのおいしい食べ方いろいろ
かに通販のおいしい食べ方
かに通販のおいしい食べ方

かにのおいしい食べ方いろいろ

おいしい食べ方 | 09月13日更新

日本人の大好きな魚介類といえばかに。
世界的に人気な日本食といえばまずは寿司があげられますが、それに負けず劣らずかにもまたそのおいしさを認知されてきています。
もっとも、そんな日本人であっても意外と、かにの食べ方にもさまざまあることを知っていてしかもそれを試したことがあるという人は多くないのではないでしょうか。
きっとこのページをみているかたはかにが多かれ少なかれ好きなのだとおもいますから、ここではかにの食べ方を紹介していきましょう。

まず思いつくのが、かにの殻をむいてそのままかぶりつく食べ方。
かにのおいしさをダイレクトに感じることができる食べ方ですね。
この食べ方は、いちばんメジャーではあるとおもいますが、じつはこれは生のかにを食べているわけではなく、一度ボイルされたものだそう。
かには鮮度が命の繊細な食べ物なため、仮に生のまま冷凍保存して輸送したとしても、解凍後にそのまま食べるのは危険だそうです。

では、かにを刺身にしてたべることはできないのでしょうか。
これは、かにを専門的に扱う、市場近くのお店でなければきっと難しいとおもいます。
すでに述べてきたように、鮮度が落ちやすいかにを一般店で扱うのは経済的にリスクが高いからです。
とはいえ、かに刺し身以外にもおいしい食べ方はいろいろあります。

たとえば、焼きガニ。
これは半むきという剥き方をしたうえで網の上で焼いて、しょうゆを垂らして食べる食べ方です。
日本酒との相性抜群です。
また、ポーションという身の詰まった部位をだしにつけてしゃぶしゃぶする食べ方もありますね。
だしのおすすめは昆布だし。
一からつくっていく方法もありますが、市販でも十分でしょう。
昆布がかに本来の旨味を引き立てています。
そこにささっと数秒かにをひたせば、できあがり。
これも最高においしいです。
いずれにせよ、かに自体がおいしければどの食べ方でも満足できるので、いろいろ試してみましょう。

top