かに通販のおいしい食べ方
かに通販のおいしい食べ方

かにの刺し身

おいしい食べ方 | 10月15日更新

このページをご覧になっているみなさんのなかにも、かにを年末年始に食べることが毎年の習慣になっているという人は多いのではないでしょうか。
じっさい、かに通販サイトでは年末年始の前になると一気に予約が殺到し、評判のいいサイトだとすぐに売り切れになってしまうとのことですから、日本人のなかでは冬の定番の食べ物といえばかにだと思う人は多いと言えそうですね。

さて、そんなかにですが、かには鮮度が命のため、通販サイトで売られているかにはほとんどがいったんボイルされたものです。
なかには生のまま即冷凍して売っているものもありますが、これらも基本的には加熱することを前提としており、注意書きにもそのように書いてあることがほとんどです。
それだけ、かには鮮度が大切であり、中途半端に生のまま食べようとすると食あたりの危険が高いのですね。
したがって、かにをよく食べたことあって、かにが大好きだという方でも、かにの刺し身を食べたことがあるという方は実は珍しいのです。

なかには、生簀などでぎりぎりまで人工的にかにを飼っていたうえで、これをさばいて刺し身とする食べ方もありますが、こうして出された刺し身はあまりおいしくありません。
やはり大自然のなかで育ったものと違い、餌も不十分であって中身がすかすかな場合が多いのです。
こうしたかには、見た目には立派でも食用としては必ずしも適していないということが多いようですね。

これまで繰り返し述べてきたように、かには鮮度がとりわけ大切なものですから、かにの刺し身を扱う店もあまり多くありません。
注文が入るかわからない活カニを仕入れるのは、在庫余りになるリスクや、食あたりを起こすリスクが高まるからです。
したがって、どうしてもかにの刺し身を食べたいと考えるのであれば、市場に直接出向くか、それを専門に扱うお店にいくしかないと思われます。
かにの刺し身を食べたことのある人は数少ないはずなので、これを食べたら本格的にカニ愛好家を名乗ってもよいかもしれませんね。

top