かに通販のおいしい食べ方
かに通販のおいしい食べ方

かにの種類

おいしい食べ方 | 09月25日更新

かには日本人にとって馴染みの深い食べ物ではありますが、その高級さや旬の時期が限られているがゆえに、かにの種類にどんなものがあるのかを正確に見分けられるという人はあまり多くないものと思われます。
しかし、一口にかにといってもいろいろな種類があり、その種類ごとに味や楽しみ方、それから値段まで大きく異なってきます。
これからかにのおいしさを存分に味わいたいというかたは、まずかにの種類にどんなものがあるのか把握してからそのどれをたのしむかを考えてもおそくないかもしれませんし、かえって新たなかにの魅力に気づくことになるかもしれません。

かにの代表的な種類は、まずはタラバガニといっていいでしょう。
かにの王様とよばれ、その名の通り迫力満点の姿をしています。
とにかく大きいのです。
栄養をちゃんと与えられているものであれば身入りもたくさんありますし、ボリュームもあるので、とにかくかにを食べた!という実感がほしいのであればタラバガニが一番かもしれません。
そのかわり、ズワイガニとくらべると味は若干淡白で、繊細さに欠けるとの声もあるようです。

つづいてはそのズワイガニ。
こちらはサイズが小さめですが、そのぶん甘みと繊細な味わいは存分にあり、子供からお年寄りまで十分に楽しめるかにであるといってよいでしょう。
ただし、ズワイガニのなかで大きめのサイズを購入するとなると、かにのなかでもさらに高級の部類となりますので、注意が必要です。
なかには一匹で1万円を超えてしまうことも。
もっとも、そのぶん味はまちがいなく保証されているので、かに本来の甘味がぜひ知りたいのであれば、ズワイガニにすべきでしょう。

タラバガニ、ズワイガニとくれば、次にメジャーなのが毛ガニ。
これはすこし異色で、ボイルされたかにをむいて食べるという一番メジャーな食べ方をするというよりむしろ、かに味噌をたのしむのが通のようです。
かに味噌の濃厚な味わい深さをしるともうやみつきになってしまう人はたくさんいますから、ぜひ一度ためしてみましょう。

top